海外ビーチリゾート専門店 株式会社アイランズフレイバー  
   
ミクロネシア パラオ・ヤップ・チューク・ポナペ・コスラエ / 南太平洋 タヒチ・ニューカレドニア・バヌアツ / インド洋 モルディブ・モーリシャス / アジア フィリピン
お問合せ先  

 or 電話 045-633-5103

会社概要
ご挨拶

ENJOY ヤップ 島            ヤップ島 島内観光 

ヤップ島 島内観光

ミクロネシアの島々には第2次世界大戦の傷跡が今も戦跡となって残されています。ヤップ島も例外ではありません。旧飛行場跡の周辺には飛行機などが残骸のような形で今も目にすることが多く出来ます。

戦跡などを訪れると、兵隊さんやミクロネシアの人々が過酷な生活を強いられた昔の状況と南の島に楽しみに来ている日本人である自分の今の状況が、あまりにもギャップとして大きすぎるのでいつも戦禍で亡くなられた方々に申し訳ない。という気持ちになってしまいます。

旧飛行場跡の飛行機の残骸です

今回島内の観光時にこの様なお話を聞く事が出来ました。
日本から慰霊で訪れた女性がいらっしゃったそうです。ゼロ戦の残骸の前に立ったなり、涙ぐまれた。という話をお聞きしました。理由を尋ねると、当時ゼロ戦を製造する為の鋲打ちを女学生ながらも駆り出されて行っていたそうで、そのゼロ戦が今残骸として目の前にあることから、当時の辛い思いなどが一気に蘇ってきた為との事。

その話をお聞きして、今の平和があるのはとても辛い思いをされてきた前の世代の方々があってなのだ。と我々世代には1つの戦跡としか写らないゼロ戦も、同じゼロ戦でありながら、とっても深い想いでいとおしくもあり同時に憎くも感じて見ている方がいらっしゃる事に、きっと今では想像も出来ない時代だったのだと思いますので、到底同じ気持ちに成ろうとしても成れないでしょうが、同じ日本人としてお気持ちを共有できればと深く思います。そして、平和にあらためて感謝します。

コロニアに戻ってお土産店へ足を運びます。各ホテルに民芸品などのショップがありますが、目を引いたのは街中にある Yap Art Studio & Galley です。お店が工房にもなっているので、ヤップのローカルの方がマンタなどの魚・石貨・カヌー・ヤップダンスなどヤップ島ならではものを題材にした、綺麗な絵を制作&販売しています。絵葉書レベルのものから額に入れて観賞する大きなものまであります。また木彫り民芸品もあります。私はパスウエイズのホテルで販売していたヤップ伝統カヌーの民芸品を購入し、オフィスに置いて時間があればそれを眺め伝統カヌーツアーで楽しんだことを思い出してます。DFSなどのお土産店をご希望されると逆に無いので帰国時にグアムに立ち寄るなどされると良いかもしれません。

レストランに関しては、ヤップ島にはレストランは6つしかありません。その中でホテルのレスストランが5つなので、ローカルは1つ。という少し寂しい現状です。ここのレストランのこれがお奨め!というものもあまりなく、正直どこも同じ様なメニューです。価格も安くも無く高くも無く・・・という感じで平均的な感じです。

他方面のサイトもございます    アイランズフレイバー トップページ                        
旅行業約款・条件書 / お申し込みの流れ / 個人情報保護方針 / 外務省海外安全情報 / 厚生労働省感染症情報
株式会社 アイランズフレイバー
(総合旅行業務取扱管理者 佐藤 光)
神奈川県知事登録 旅行業第3種908号
〒231-0015  神奈川県横浜市中区尾上町5-80 神奈川中小企業センター11階
電話 045-633-5103  ファックス 045-633-5166   お問合せ先メールアドレス