海外ビーチリゾート専門店 株式会社アイランズフレイバー  
   
ミクロネシア パラオ・ヤップ・チューク・ポナペ・コスラエ / 南太平洋 タヒチ・ニューカレドニア・バヌアツ / インド洋 モルディブ・モーリシャス / アジア フィリピン
お問合せ先  

 or 電話 045-633-5103

会社概要
ご挨拶

ポナペ島 研修記             ポナペ島 フィッシング         

前日のアンツ環礁に続き本日も快晴・無風の絶好の釣り日和です。南の島に訪れての本格的な釣りを楽しむのは初めてですが、今日は大潮なのできっと釣れますよ〜!との案内に気持ちも高まります。沖合いには生き物の様にモクモクと活気づいている入道雲が張り出していて我々を歓迎してくれている様!その沖合いへスピードボートでかっ飛ばしています。風がとても心地よいです!ポイントまでの道のりきっと大漁で大物三昧なんだろうな〜なんていうイメージを思い浮かべ期待しているのは自分ばかりではないと思います。ポイントまで待ち遠しい!

でっかいGTをゲット! 残念ながら今回の釣果ではありません・・・。  写真は後日他ツアーで釣り上げたGTです

ポナペ島 研修記

最初のポイントに到着です。キャスティングでGTを釣り上げた実績のあるポイントとの事で気合が入ります。ルアーはこんなので魚が食ってくるの?と思う程とても大きく太っとい銀色のイカのルアーで大きさは25pくらいはあります。目がギョロとしてちょっとグロテスク。サッ第1投です。しか〜し・・・船上で竿を振るのですが、これが見るのとやるのとでは大違いです。ユラユラした船上の足場で思うように遠投が出来ません。船から落っこちそうにさへなってしまいます。こんなんじゃ話にならないヨ〜。と困っていると助け舟です。代わりにガイドの方が遠投をブ〜ンとしてくれます。さすが上手い!100mくらいは軽く投げてます。トホトホトホ〜情けない!最初の意気込みはどこへやら・・・。投げてもらって直ぐに竿を受け取り代わりにリールを巻きます。

ルアーを本物のイカが泳いでいる様に見せる為、海面を勢いよく水しぶきが出るくらいに、竿を思いっきり曳いてはリールを巻き上げていきます。この単純ですが規則正しい作業がとても重要です!何度かキャストしますが全然魚のアタリがありません。居れば必ず食ってくるから。と期待を持たせてくれるので、次こそは!次こそは!とリールを巻く手にも力が入ります。しかし、広い範囲をあたって見るものの魚がルアーを追ってくる気配すらない状況です。時間にして10分も経っていないのですが、もう手の握力がキツイ状態です。ペース配分を考えないとこれは最後まで持たない感じ。こんな大きな海に魚はどこに往ってしまったんでしょう。海の大きさが逆に恨めしく感じます。

今回は様々な釣りを楽しませてくれるとの事で、キャスティングの次はジギングポイントへ移動です。今度は座ってでも出来る釣りなのでキャスティングと違ってとても安定感があります。ちょっと安心。ジグが着底して直ぐにフケを取ってこちらも本物の魚が泳いでいるかのように、竿を曳いてはリールを巻き、曳いてはリールを巻くを繰り返します。低層→中層→上層と万遍なくあたっていきます。

この釣りもそうですが、どれだけ竿を振ったかで釣果に大きく差が出るとの事なので、ひたすら努力の人になります。だんだんとこの釣り方にも慣れてきて、結構いい感じのジギングになっているのが自分でも分ります。こちらはある程度、様になっているみたい。海の中でジグがこちらのイメージしている様にコントロール出来ている感じです。なんかヒットしそう!と期待して竿を振り続けていると、来ました。ググググググッ〜という大きなアタリが!待望の初ヒットです。竿先が大きくしなります。どっしりと重く感じる重量感を楽しみながら、且つ、ばらさない様にばらさない様とリールをゆっくり力を込めて巻いていきます。釣り上げるまでのこの格闘の時間がたまりません。何が掛かっているんだろう。きっと体長1mは優に超すGTが掛かっていているんだろうナ〜。なんて、考えが巡ってとても面白くワクワクします。

暫くの格闘の後やっとその魚体が見えてきます。色は明るいオレンジ色の魚の様です。あと少し!どうやら「ハタ」みたいです。上げるとそれは結構大きく体調は50pくらいあります。日本ではキロウン万円すると言われている高級魚(ポナペではとっても安いそうです。US$3.00/キロ程度。)だそうで、とっても美味しい魚との事。やりました!あがったのは実際GTではなく大きなハタだったのですが、これはこれでガッカリする気持ちなど全く起きません。それどころか、「あの重量感のある引きはやっぱりハタだったんだ。」と都合よく解釈し全て帳尻が合ってしまいます。逆に、もしばれてしまっていたら、「あの豪快な引きこそGTであって、大きな魚を逃した。」とこちらもこちらで帳尻が上手く合ってしまいます。すごいご都合主義というか何と言うか・・・。素人の恐ろしい所です!

サッ、今度はもっと大きいのを釣り上げてやろう。とジグに願いを込めて再投入です。以前モルディブのハウスリーフでシュノーケリングしていた時、大きなカスミアジがそれまでの悠々としていた泳ぎから、いきなり弾丸のごとく小魚を追っていくシーンを目の当たりにした事を思い出します。もの凄い瞬発力です。あの猛スピードでも小魚達は逃げ切れていたので、このジグもそれくらいの速さにしてみないといけないのでは。と思い今度はそのスピード感をイメージしてジグを振っていきます。

グッと竿をあおって、早くそれもリズミカルにリールを巻き上げていきます。時々竿を2度3度クッションをつけるようにしてあおっても見てみます。ポナペの海底のシーンをあのモルディブのカスミアジのシーンと一緒にして頭の中でイメージしています。何度か探りをかけると、またしてもグググググググゥ〜と竿先がしなります。イメージ通りのヒットです。今度は釣れた。ではなく、勝負して釣った。という感じです。最高!ただ、今度はちょっと小さく30cmくらいのこれも同じハタです。色は茶色で美しい柄模様の入った、良く日本でも見るハタと同じ。実際は暑いんで鍋なんて出来ませんが、鍋にしたら美味しそうです!今回も釣り上げるまで同じく色々な期待をもって格闘していましたが、「これもハタだな〜。」なんて変にベテランぶって言う人の声も耳に入ってきます。映画を見ていると時にそのストーリーを知っている人が、聞いてもいないのにそのネタをばらしてしまって面白みが半減にしにしてしまう事がありますよね。今回は全くそれです。確かにハタだったけれど、釣り上げるまでの駆け引きもさることながら、どんな魚が?というワクワクする期待も釣りを楽しめる1つなので、釣れたのはとても良かったけれど、喜び半減でちょっと残念な2匹目です。

他の方にも大きな引きがあって竿が思いっきりしなっています。ギッーギッーとリールの糸もかなり出て行っているようで大物の気配!お祭りしては申し訳ないので、自分のジグを急ぎ巻き上げます。しばらくすると魚の走りも終わって、攻勢に転じて今度は巻き上げる番になります。しかしながら、走りは終わったものの、かなりの大物の様で一向にリールが巻けません。竿を持っていかれまいとする事で精一杯の様です。その竿は三日月の様にしなりっぱなし!その方はポナペ島でも釣り好きで有名な方ですので釣りでは超ベテラン。その方が負けじと必死に頑張っているのですが、かなり手強い様です。魚との真剣勝負という感じで、皆息を呑んで見守ってます。ちょっとした緊張感が船上に漂い始めてきました。この方もこの魚が何なんだろうと思いを巡らせているようです。最初、磯マグロかの様な手ごたえで格闘中にも話していましたが、その魚が首を振ってなんとか糸を振り切ろうとしているのが分ると、これはサメだ。検討を付けたようです。しかし、分ったと同時くらいにプツ〜ンとばれてしまいます。イヤーこちらも残念でしたが、当の本人はもっと残念だった事でしょう。逃した魚はホント大きい。とは正にこのシーンに在るかのようです。残念です!

次にトライしたフィッシングはトローリングです。鳥山を目指してかなり外洋まで出ます。鳥山の集まるところには小魚が群れています。その小魚を狙って大物もやってくる。それを狙って我々もやってくる。という自然界の食物連鎖みたいな釣りです。ちょっと違うかな・・・?海面には小魚が跳ねているのも見えます。きっとあの付近に大物もいるはずとトローリング開始です。竿を使っての釣りではなく、手釣りスタイルです。糸をバンバン流していきます。ただ、鳥山もあっちこっちと移動するので、ベストポイントへ仕掛けを持ってくるのがとても難しい様です。

この釣りではボートキャプテンの経験と腕がものを言う感じ。グルングルン鳥山周辺を駆け巡ってトローリングをしていますが、一向にアタリらしきものはありません。こんなに激しくボートで移動していたらビックリして小魚も逃げてしまうし、大物も逃げてしまうんではないのかな〜。と思いつつもトローリングを続けます。ポナペ人のボートキャプテンはトローリングが一番のお気に入りらしく目がギンギンに輝いてます。郷に入っては郷に従えで彼に全てを任せましょう・・・。BUT しばらくトライしていますが、いつの間にか鳥山は居なくなってしまうし、ボートだけがポツンと取り残されてます。結果は惨敗です。せめてカツオくらいは釣れると思ったのですが・・・。トローリングはただ糸を流しているだけで、たとえ釣れたとしてもそれは偶々で自分の力で釣れる釣りではない様に感じます。釣れたからではないですが、ジギングの様に魚との心理戦を楽しむという。というのが自分には合っているようです。

ポイント移動です。今度はカッポレという高級魚を素人の女性が一昨日釣り上げた実績のあるポイントで、ジギングになります。ガイドの藤田さんもギャランティーと間違いの無いポイント!と自身有りげ。船上がカッポレモードになって盛り上がってます。きっと自分にも。なんて思いでジグを投入します。先ほどまでのGTなんてもう頭にないので、ちょっと困ったもんです。カッポレ・カッポレとジグの着底までもう待てない感じ。竿をあおるのも心なしか勢いを感じます。

しばらくジグをしていると。きたー!という声が、隣で釣っていた方から上がります。隣なのでちょっと悔しかったですが、かなり大物の気配。ラインもどんどん出ていきます。この引きはカッポレか?なんて皆からプレッシャーを掛けられてます。その方もばらさない様に慎重にリールを巻いています。本日初の大物ゲットなるか・・・。とこちらも応援です。しばらくの格闘の後、船底に大きな銀の魚大が浮いてくるのが見えます。かなり大きいです。ジャフを持って引き上げの用意も抜かりはありません。上がったのはなんと1.5mはあろうかという磯マグロです。デッカイ!ダイビングでは何度か見たことはありますが、実際に釣り上げて見るとさすが海の王者という感じで、威風堂々としてます。釣り上げた方も一仕事したという満足感が全身から漂ってます。良かったです!こちらもこんな大きな魚を見せてもらって大満足です。

時間的にこの磯マグロでポナペ島でのフィッシングは終了です。もう薄っすらと西日が差し込みはじめる時間になっています。丸1日ポナペでのフィッシングを楽しんでいた事になります。面白かった〜。最後の大物で全て○(マル)です!西日はポナペの高い山々に掛かってくっきりと稜線を浮かび上がらせ、その山々もだんだんと夕焼けに染まってきます。外洋からの見事な景観美にウットリです。日中モクモクと勢いよく活気付いていた入道雲にもこの西日が当たって、真っ白だった色からだんだんと淡いピンクに色が変化していきます。さらに海の色までも黄金色に焼け始め、正に夕暮れが創り出す自然美のド真ん中にいます。嬉しいです!最後にはポナペの自然からとっても素晴らしいプレゼントが届けられます。それは「花の香り」です。陸から外洋に吹いてくる風に乗って花の香りが海一面に漂っています。あまりに自然のことなので最初は全く気が付かなかったのですが、それが花の香りだと分ると「感動」です。何度もその香りを深く吸い込み体一杯に味わっています。こんな事があるんだ!とポナペの自然の豊かさにただただ有難う!と感謝です。

他方面のサイトもございます    アイランズフレイバー トップページ                        
旅行業約款・条件書 / お申し込みの流れ / 個人情報保護方針 / 外務省海外安全情報 / 厚生労働省感染症情報
株式会社 アイランズフレイバー
(総合旅行業務取扱管理者 佐藤 光)
神奈川県知事登録 旅行業第3種908号
〒231-0015  神奈川県横浜市中区尾上町5-80 神奈川中小企業センター11階
電話 045-633-5103  ファックス 045-633-5166   お問合せ先メールアドレス