海外ビーチリゾート専門店 株式会社アイランズフレイバー  
   
ミクロネシア パラオ・ヤップ・チューク・ポナペ・コスラエ / 南太平洋 タヒチ・ニューカレドニア・バヌアツ / インド洋 モルディブ・モーリシャス / アジア フィリピン
お問合せ先  

 or 電話 045-633-5103

会社概要
ご挨拶

ポナペ島 研修記              ポナペ島 あれこれ情報         

ポナペの料理

ポナペの名物料理と言えば・・・ ヴィレッジホテルで食べたマングローブガニは忘れられません。パラオ・チューク・グアム・サイパン島と各々でマングローブガニを食しましたが、 一番オイシイです。何故か?それはボイルする時に秘密があります。ポナペペッパー(胡椒)を隠し味として用いているからです。この胡椒の香りがテーブルに出された時にマングローブガニのそれとマッチしてなんとも言えない 食欲をそそります。味もこれまで食してきたものとは胡椒のパンチも効いてGoodです。

左:カピンガラマンギ村での見事な彫刻品      右:伝統のお酒 サカウ

ポナペ島 研修記

皆さんもこれまで”これはオイシイ”と初めて出合った時の感動を経験されたことがあるかと思いますが、私の場合まさにこのマングローブガニがその1つでした。 ポナペに訪れたら是非トライしてみてください。日本で食するカニは大きさや種類(毛ガニ・越前ガニ・など)の他に、「ミソ」も楽しみの1つですが、マングローブガニは「ミソ」はあまり詰まっていませんし、美味しくもないです。何を基準にランクをつけるかと言うと「ツメ」の大きさです。このツメの大小によって料金も異なります。あまりに強烈なインパクトだったので、私はこの胡椒とマングローブガニをお土産として購入してしまったほどです 。

 

お土産

木彫りの彫刻民芸品  / カピンガマランギ村 ミクロネシア島々の中で彫刻民芸品として一番の技術があって進歩発展しているのがポナペではないでしょうか? 島国だけあって魚の彫刻がすばらしいです。ハンマーヘッドシャーク/ドルフィン/マンタなどが大小さまざまところ狭しとセールスされています。ポンペイ木彫り士?たちの技術を 実際に見ることも可能です。

ポンペイ SOAP(石鹸)もお奨めです。ヤシの実から生成される南の島独特の石鹸です。

ポナペペッパーは是非お奨めです。日本の食卓のほとんどに塩とコショウがありますが、コショウに関してそのほとんどは、粉末になっている茶色のものではないでしょうか?ポンペイのものは少し異なります。 花のアサガオの種のようなもので色は2種類。黒っぽいものと白っぽいものです。コショウなんてどう作られているのか興味も無かったのですが、ポンペイではそのシーンを見ることが出来ます。10ヘクタールもの広大なコショウ畑が島の中腹にあってそこで栽培されているのです。 その光景はインゲン畑の栽培を見ているようで、代わりにコショウの粒が実を付けています。ポンペイではこのコショウをほとんどの料理にふりかけて食べます。私たちは普通サラダなどにちょっとした隠し味程度でコショウをふりますが 、ポンペイでは同じ量をふっても、あまりにインパクトが強い為か、サラダが隠し味の様になってコショウがメインになってしまいます。変な話ですがコショウがオイシイです

 

Skau : サカウ(酒です)

え?大丈夫! ポナペ島内観光コースに立ち寄る所で、ポナペの伝統様式を実際に体験出来るのでとても印象に残ります。集会場のような所に到着後、ヤシの葉やカラフルな花を身に付けた体格の良い男性達がいきなり現われます。 彼らは今土から掘り起こしてきたばかりの木の根っこと、砲丸投げに使われるくらいの大きさの石を手にしています。

Sakau 作りの始まり! 男性たちは集会場の真ん中に集まり座り、南洋独特のリズミカルな歌を謡い始めます。そのリズムに会わせて座の中心にある石うすの様なものに木の根っこを置き、各自の石で薬草を煎じる様にこねていきます。 しばらくすると、木の根っこはネバネバしたドロドロ状になっていきます。今度は両サイドからそのドロドロを絞っていきます。これがサカウだそうです。

いざ・・勇気を持ってドリンク! 絞られるドロドロのSakauは、ヤシの実を半分に割って中身をくりぬかれた丸いボールの中にドロドロと流れ込まれていきます。それをどうやら回し飲みするようです。ウワーとんでもない所 に来てしまったゾ。観光客へ順番にそのボールが回されていきます。ドロドロの泥水を飲まされるかのようで拒絶反応してましたが、飲まなかったらせっかく現地の方が作ってくれたので申し訳なくも思いつつ、また一方では、面白くもあり興味津々であったことも事実でした。

ガイドの方がこれは日本では焼酎みたいなものです。何ていうもんだから、自分の番にきたら一気飲みです。茶色いバリュームとトロロイモ同時に飲んでいるようでした。酒だけあって体がだんだんと火照ってきます。また舌も回らなくなってきます。気分は上上!! 面白い体験でした。このSakauは村の集会場で男性が必ず飲むものだそうで、今もその生活文化が残されています

・・・残念ながらこの観光コースは今ではなくなってしまいました。・・・・

 

うなぎは神聖な生き物!

デカイ カピンガマランギ村を後にすると次に向かう所はポナペ島のずいぶんと奥地になります。 車が止まると何のことはない唯の川です。しかし、よくその川を見ると何か大きな黒い蛇な様なものがたくさんいます。ウナギです。ビックリ!

手掴みしてます。 その川では現地の子供達も大ハシャイギで遊んでいます。私たち観光客がこれらのウナギを 見てビックリしているのでなおさらなのでしょうか?ウナギを捕まえて見せてくれます。 食べたら蒲焼何人前? こんな大それた事を考えたのは私だけでしょうか?何故食べないのか?と 聞いたら、ポンペイではウナギは神聖な生き物なんです。とのこと。済みませんでした。

他方面のサイトもございます    アイランズフレイバー トップページ                        
旅行業約款・条件書 / お申し込みの流れ / 個人情報保護方針 / 外務省海外安全情報 / 厚生労働省感染症情報
株式会社 アイランズフレイバー
(総合旅行業務取扱管理者 佐藤 光)
神奈川県知事登録 旅行業第3種908号
〒231-0015  神奈川県横浜市中区尾上町5-80 神奈川中小企業センター11階
電話 045-633-5103  ファックス 045-633-5166   お問合せ先メールアドレス