海外ビーチリゾート専門店 株式会社アイランズフレイバー  
   
ミクロネシア パラオ・ヤップ・チューク・ポナペ・コスラエ / 南太平洋 タヒチ・ニューカレドニア・バヌアツ / インド洋 モルディブ・モーリシャス / アジア フィリピン
お問合せ先  

 or 電話 045-633-5103

会社概要
ご挨拶

ポナペ島 研修記               アンツ環礁ツアー         

前日の夜中は恐ろしいほどの豪雨でその音で目が覚めてしまいましたが、アンツ環礁へ向かう本日は天候良好!スピードボートで1時間半の距離にある環礁へ出発です。偏西風の吹く日本の晩秋から初春に掛けては波が立ってしまうので、ポナペ島のシーズン中の更に凪の日しか訪れる事が出来ない環礁。それもとっても美しいところと聞いているので船中でもどんなところなんだろうととっても気持ちが高まります。途中ボートキャプテンが鳥山を見つけてはトローリングで楽しませてくれるので、1時間半という行程も楽しみながら過ごせます。残念ながら魚はゲット出来ませんでしたが・・・。

アンツ環礁のビーチです!  とても穏やかな環礁で海ブドウも生息しています。

ポナペ島 研修記

かなり沖へ走ってきたな〜と思う頃にアンツ環礁が見えてきます。外洋から眺めるそれは細長〜く平たい島々がネックレスの様につながっていて、高さは椰子の木の高さより高いものは無く、緑多く生い茂っている島々です。燦々と照る眩しい太陽の光と真っ青な青そして遠くに見えるモクモクとした真っ白な入道雲。更に環礁の島々の活き活きとした緑がマッチしてとても美しいです。環礁の中に入るには1つしか入り口がない為、その入り口までその島々と平行してボートは走ります。今までは外洋だったので底などまったく見ることも出来ない、深く黒々とした青色の海をただただ見ているだけでしたが、環礁の近くになると所々底が透けて見える程の美しい海に変ります。ボートなのであっという間に通り過ぎてしまうのですが、環礁の中に入ればもっと美しいんだろうな!と益々期待が膨らみます。

アンツ環礁への入り口を通り抜けると、これまでのガッタンガッタンとお尻を痛くさせていた大きな波はどこへ行ってしまったかと思えるほどに静かになります。波が全く立っていなく湖面をサッーーーと走り抜けている様です。海面が鏡の様になっていて空にモクモクと張り出している入道雲も海面に映ってとっても綺麗!環礁の中に入ると内側から環礁全体を見渡す事が出来ます。グルリ円を描くようにアンツ環礁は形創られていて、その湖面の上を1艘の船だけが風を切って突っ走っていく爽快感に気分は最高になります!今回は立ち寄りませんでしたが中にはバードサンクチュアリーと呼ばれている鳥の島も有るようです。

ボートの向かう先は星の砂ポイントです。時間にして入り口から大体15分くらいの所にあります。だんだんと浅瀬になって砂地になっていくのが海の色からも分ります。スピードもゆっくりとなり、ボートの上からも珊瑚礁も見えてそこに群がるたくさんの小さなトロピカルフィッシュ達も観察できます。砂地なのでエイも泳いでいくのが見えます。それらを楽しんでいるとボートが星の砂ポイントに到着します。これは素晴らしいところに来たぞ!と少々興奮気味。このポイントは真っ白なビーチという訳ではなくて小さな星の砂のツブツブが集まって出来ています。色は薄いピンク、直径は大体150mくらいで円を描くように拡がっています。椰子の木など1本もなく、環礁内に良くこんな美しいところが創られて、おまけに星の砂が有るなんて・・・。と嬉しくなってしまいます。遠くの入道雲を背景にこの美しいビーチ写真をバシバシ撮ります。

他の皆さんはもうシュノーケリングで楽しんでいる様です。海の中はどんな感動が待っているんだろう。とこちらも急ぎシュノーケリングセットを装着し海を覗いて見ます。環礁内の浅瀬の砂地だからでしょう。まったく汚されていない真っ白な砂地がズッ〜と続いてとっても美しいです。よく観ると波の波形と全く一緒の模様がその砂地にも創られていて、まるで波模様の綺麗な絨毯が敷かれているようです。そこに太陽の光が差し込んでキラキラと反射して、最高のシュノーケリングを楽しんでいます。これは美しくて癒される。としばしユラユラと流れに任せて浮かんでます。でも、ちょっと欲張りなんでしょう。もっと美しいものがあるんでは・・・とずっとその場所にいても良いのですが、珊瑚礁のある方へ気持ちがもう向かってます。珊瑚は浅瀬のため取り立てて綺麗。という訳ではないのだけれど小さな熱帯魚達がとっても可愛らしくて、ミニチュアの水族館の中にいる様な感じです。ユラユラと一緒に泳いで遊んでもらっている感じ。優雅ささへも感じてしまう程で、先ほどの波模様の絨毯といいこちらのお魚達といい、アンツ環礁に大満足です!

星の砂ポイントを楽しんだ後は真っ白なビーチのある島へランチの為移動です。その島は綺麗なビーチが、ず〜っと続いておりとっても美しいです。こちらには多くの椰子の木があってそれを覆うかのようにブッシュが生い茂っています。ヤシガニも多く生息しています。30cmくらいの体長でとても大きく色は青紫色とでも言うんでしょうかカラフルな色をしていて綺麗です。ビーチに目を向けて見るとあちらこちらで、沢山の小さなヤドカリ達がちょこちょこと移動しています。一生懸命に何かお仕事をしているんでしょう。とても可愛らしいです。ビーチの砂を掘ってみると何とビックリ。白いシジミが沢山採れます。サイズは小さいのですが食べると美味しいようです。上を見上げれば白や黒の多くの鳥達も飛んでいるのも見えます。人が滅多に入れないところだからこそ、この様な純な自然を見る事が出来るんでしょう。気持ちが良いですね!

ランチもそこそこに目の前に広がる美しい海へシュノーケリングを楽しみます。浅瀬ではあるのですが珊瑚礁も所々に群生しています。そこにはこれまたビックリですが海葡萄も多く生息しています。いくつか採って食べて見ると食感はツプツプ。味は塩味の利いた昆布の様でした。その珊瑚の一角には、お気に入りのクマノミも多く生息しています。最初1匹を見つけたときは、こんな浅いところに・・・と目を疑ったのですが、良く見るとクマノミの集落が形成されているようで一面クマノミの家になっています。感動です!クマノミ達は本当は敵が来たと思って警戒をしているのだと思いますが、こちらには歓迎の為にお出迎えに来てくれたように見えて、嬉しくなります。とっても小さな赤ちゃんクマノミから、結構大きめのサイズまでイソギンチャクの中に見え隠れしています。特に小さな赤ちゃんクマノミは愛らしく可愛いので、ずっとその姿を追ってます。水中写真を撮ろうと何度かトライして見ますが、ダイビングと違って体が浮いてしまい、思うように良い写真が撮れません。とても残念です!

さて、ランチタイムを終えてボートに乗船し最後のシュノーケリングポイントに向かいます。そこはアンツ環礁の入り口にあるとても深いポイントなのですが、そのドロップオフになっているところには、大小様々なテーブル珊瑚が見渡す限り一面に広がっています。珊瑚のお花畑が広がっている様で、これまで世界の多くの有名なシュノーケリングポイントに訪れておりますが、このポイントはトップクラスです!そこに生息するトロピカルフィッシュは言うまでもないのですが、このテーブル珊瑚の美しさ・見事さ・優雅さは、単純な言葉では上手く表現できないくらいの素晴らしさです。最後の最後にこの様なところまでアンツ環礁は用意してくれて、もうお腹が一杯です。もっと多くのお客様にこの様な素晴らしいポナペを見て楽しんで欲しい反面、秘密の場所として自分だけのものにしておきたい気持ちにもさせてくれます。とっても贅沢なアンツ環礁ツアーでした!大満足。

他方面のサイトもございます    アイランズフレイバー トップページ                        
旅行業約款・条件書 / お申し込みの流れ / 個人情報保護方針 / 外務省海外安全情報 / 厚生労働省感染症情報
株式会社 アイランズフレイバー
(総合旅行業務取扱管理者 佐藤 光)
神奈川県知事登録 旅行業第3種908号
〒231-0015  神奈川県横浜市中区尾上町5-80 神奈川中小企業センター11階
電話 045-633-5103  ファックス 045-633-5166   お問合せ先メールアドレス