コスラエ島の香り

~  Flavour in Kosrae ~

Flavour in Kosrae ~ コスラエ島の香り ~

ミクロネシア連邦の一番東に位置するコスラエ島は、緑多き南国の島!という表現がピッタリの島です。少し奥に足を踏み入れればそこには濃密な熱帯雨林のジャングルが広がります。樹齢何百年もの大木がいくつも連なり、山からいくつもの滝が流れ、清らかな川が毛細血管のように隅々までコスラエ島を巡ってます。島を囲むマングローブ林では豊に成長し天蓋のトンネルが創られています。そこを手作りのアウトリガーカヌーで探索するとコスラエの自然を真正面から感じられ、心が洗われるようです。

このような陸の自然が豊な島では豊富な栄養が海に流れ、海へもその恩恵をもたらします。海の中は珊瑚が豊に育んでいて、何万年も掛かって創られた鍾乳洞がそっくりそのまま海の中に存在している様です。ダイビング後もその余韻をずっと感じていられ、こんな海は初めてです。

ローカルの方々もとてもフレンドリーで皆笑顔です。小さな島であるからでしょう。皆が皆を知っている1つの大きな家族のような温かみを感じます。小さな子供達もたくさん目にします。誰も彼も綺麗な目をしていて笑顔いっぱいでとても可愛く、一緒に遊んで!と仲間に入れて欲しくなる程です。

ミクロネシアの中でもこれほどの自然が豊な島はないと思います。自然を中心に全てが回っているような感じにきっとなってしまうと思います。人も自然も全て「純」な香りがします。日本人観光客もほとんど目にしない島ですので、ゆっくりと時間に追われることなくのんびりとコスラエ島で過ごしてみたい。という方には最高の島になると思います!

その他 取り扱い方面
アジア